スポンサーサイト

2015.06.24 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    9月18日(木)南相馬の保育園に水を届けに行きました。

    2014.10.06 Monday

    0
      2014年9月18日(木)秋晴れの日、朝9時前に私たちシークセール隊は、土浦から南相馬へ向かいました。
      常磐道富岡インターから降りて、震災以降3年半ぶりに開通したばかりの六号国道を通って。
      帰宅困難区域を避けて、それまではかなり遠回りをして行かなければならず、南相馬まで片道5時間はかかっていたところ、なんとこの日は3時間半ほどで到着。


      富岡インターを降りてすぐの立て看板。
      車での通過は認められてはいるものの、自転車、二輪車、徒歩での通過は禁止されています。車の窓も開けてはいけないし、停車してもいけません。
      ハッキリ言ってかなり怖かったです。
      震災以降、常磐道で途中まで行き、郡山経由でいつもかなり遠回りして山を越えて行っていたので、富岡まで行ったのも初めてだったし、このあとの一般道を通るのも初めてでした。

      一般道は測道や店舗、住宅の前にバリケードが張られ、警官が立っているところもありました。
      警官/バリケード

      店入り口




      震災以降不通になっている線路。レールがどこかわからないぐらい草に覆われていました。


      車走行中の、窓越しでの撮影でしかも同行者が撮影したものをお借りしたので、どの写真もかなりぶれていますがご了承ください。


      このあと南相馬のイオンにて、前もって注文していたミネラルウォーター200ケースを積み込みますが、その写真は撮り忘れました。
      イオンにて、毎回水をお届けしているよつば保育園の副園長とお昼をご一緒していろいろお話をしました。

      そしてイオンのすぐ近くの保育園に水を届けました。
      いつものようにイオンで車を借りて、それでも2往復。


      2往復目の最後の運び込みの図。


      200ケース、すべて運びこみました。(後ろ姿は副園長)


      運び込み終了後、保育園の〇歳児の教室にお邪魔し、お昼寝から目覚めたばかりのふわふわの赤ちゃんを抱っこさせていただきました。
      震災以降、激減していた乳幼児が少しずつ増えてきているのだそうです。南相馬市はギリギリ避難区域ではないのですが(原発から20km以上)、自主的に避難していた人たちが戻ってきているのだそうです。そして、震災以降こどもを産むのを躊躇っていた人たちが、産み始めているのだそうです。実際南相馬市での新生児が増えています。


      私たちは、この生まれたてのこどもたちに、せめてきれいな水を、と思い、これまで南相馬への水支援をしてきました。
      しかし、行政側は【南相馬はもう安全だ】と言います。水道水も安全基準を満たしている、と。
      しかし、です。
      それでも私たちはこどもたちのためにせめて水を、との思いで届けてきました・・・・・。

      いろいろ考えさせられます。
      一言では言えません。
      今回、副園長や、この保育園を紹介してくれたNBC作戦創設者のSLANGのKOさんともいろいろな話しをしました。(KOさんとはこの日ではなく別の日に)かなり突っ込んだ話しもしました。
      それを詳しくはとてもここへは書ききれません。
      支援の限界というものも感じましたし、とにかく結局のところ国の政策そのものが問題なのです。原発の存在そのものが問題なのです。
      今回9月からの六号開通も、正直疑問だらけです。
      本当に開通して良いのでしょうか?

      ・・・・・

      保育園に水を運んだ後、毎回行く海岸線に今回も行ってみました。
      前回4月にも行った小高地区にまた行ってみました。


      まだ堤防は壊れてなぎ倒されたままだし、


      海岸近くの家々は、津波の被害そのままの状態で手付かずで残されています。



      基礎だけが残された家々・・・


      増えるいっぽうのガレキの山々。

      毎回かなりいろいろ考えさせられますが、この日も同じ皆で海岸を無言で歩き、それぞれがいろいろなことを考えたハズです。
      この状況を、いろいろな人に見てもらい、感じてもらうだけでも、毎回南相馬へ直接行く意味はあると思っています。

      今後の支援の方法も、いろいろ考えつつ、また続けて行こうと思います。


      そして帰路に着きました。

      富岡インターに乗る直前にある線量計。



      今回の南相馬行きは、「東日本大震災復興Tシャツプロジェクト」の売上、そして「NBC作戦本舗・自立支援プロジェクト」の売上、そして皆様の寄付により実現しました。
      協力してくれたすべての方々にお礼を申し上げます。
      復興Tシャツを買ってくれた皆さん、NBC作戦本舗のグッズを買ってくれた皆さん、出店をさせていただいたイベンターの皆さん、ブースを貸してくれた皆さん、ライブハウスの皆さん、Tシャツをデザインしてくれた皆さん、寄付金を下さった皆さん、水配達の協力・同行してくれた皆さん、その他関わってくれた皆さん、ありがとうございました。
      今回も皆さんのおかげで200ケース、こどもたちのために水を届けることができました。


      今回水代を寄付してくれたarrowさんとkwaiさん、ありがとうございました。
      今回は諸事情により、大々的に南相馬行きを告知できませんでした。そのため、毎回水や寄付を下さる方々に「何故行くことを言ってくれなかったのか?」とのお叱りを受けました。ごめんなさい。
      今後は告知を少し控えさせていただきます。
      ですが、今後も形は変わるかもしれませんが、支援活動、及び復興Tシャツプロジェクトは続けていきますので、引き続きよろしくお願い致します。


      Tシャツの新作もどんどん増えています。素敵なデザインたくさん揃っています!


      今後もよろしくお願いします!!


      シークセール・デザイナー ゲルピン

      長い間更新が滞ってしまい、申し訳ありません!

      2014.10.05 Sunday

      0
        こんにちは。
        このブログは「東日本大震災復興Tシャツプロジェクト」の活動を記録するために始めたのですが、諸事情により更新がなんと2年も(!)滞ってしまいました。
        申し訳ありません!

        その2年の間に、いろいろやりました。

        まず「シークセール新聞」を発行し、支援活動の様子や被災地の様子、原発・震災に関するいろいろな記事を掲載しました。

        それから、定期的に被災地へ支援物資を運びました。

        それから、各地で開催されるイベントに出店し、復興Tシャツプロジェクトを展開しました。

        これらの活動をそのつどブログに掲載できれば良かったのですが、なかなかブロブを書くことができず、つい2年も経ってしまいました。

        ツイッターを始めまして、そちらには毎回活動の様子は書いているのですが、それで精一杯でした。すいません。

        今後は少しずつこちらのブログに書いていこうと思います。

        とりあえず、先日南相馬の保育園に水を届けに行った様子を書こうと思います。よろしくお願いします。

        シークセール・デザイナー/ゲルピン

        まだまだ、これからですよ。復興。。。

        2012.04.30 Monday

        0
          前回、とは言ってももう去年12月にarrowさんと物資を届けに行ってから
          早4ヶ月(約5ヶ月)が経とうとしています。冬の間の峠道は危ないからという
          助言と、寒い時期(1〜3月)のチャリティーシャツの売上低下、ならびに、正直な気持ち
          ちょっと疲れて中だるみ状態だったのは事実。。。
          いろいろな要因で冬場の活動は際立って行ってなかかったのですが、
          今回、暖かくなり、チャリティーTシャツも売れ始めて来たと言う事で
          ご無沙汰(ではダメなのですが)で、南相馬市きっずくらぶへ
          ミネラルウォーターを届けに行って来ました。

          今回、千葉県柏市のvespa専門店K.B.SCOOTERS遠藤氏とワイルドフラワー出版社編集長の沖田氏
          ゲルピンさん、わたしの異色の4人で行って参りました。
          ねこ屋、茨城リース、Arrowz工房、sakiチーター、botp高倉、当店従業員。(順不同、敬称略)等の方から
          協力頂き感謝しながらの出発。
          K.Bスクーター、ワイルドフラワー出版社からも寄付頂きました。
          皆様ありがとうございます。

          今回、色々と考えて、頂いた物資以外は現地で調達と言う
          今までとちょっと違う考えで行動してみました、
          地産地消と言う考えではないのですが、
          現地のスーパー等で購入した方がその地域の活性化に
          少しでも貢献出来るのではなかろうか??
          重い荷物を持って峠を越えなくても良いのではなかろうか?
          その方がガソリン代がちょっと浮くのでは?
          といろいろ考えてみまして、行った所、ハイエース満載で2回分
          約180ケースのミネラルウォーターを届ける事が出来ました。
          ガソリンも、1回の給油で行けそうな感じです。(前は1回半ぐらいでした)
          今後も色々と考えて試行錯誤して、物資を送り続けようと思います。

          遅ればせながら、
          12月 つくばパークダイナーで行われたスタジオoz企画 oz fest2011での出店で¥12,500売上
          3月水戸ソニックで行われた波山企画 ネバーセイネバーでの出店で¥4,000の売上
          同じく3月つくばゆかりの森で行われたRYFF2012での出店で、¥17,390の売上
          4月までのWEB、店売り(簡易的出張含め)分28枚分¥42,000,NBC作戦グッズ¥5,940,MLKグッズ¥800
          御協力頂きました皆様、ありがとうございます。

          これからも地道ではございますが、この活動続けさせて頂きますので、
          よろしくお願い致します。


          CHIC-SALE
          ヤマシタ